ホームページ制作・運営お役立ちトピックス

ホームページを作るには、どのようなツールが必要?

今は便利なホームページ作成ツールが沢山あり、制作会社に依頼しなくても自分でサイトを作ることにチャレンジされる方が増えています。
ホームページは、ベースはHTMLとCSSによって構築されていますので、コードを書く作業を補間するソフトや、コードが書けなくても構築できるソフトを活用します。
それ以外に、ホームページを構成する要素、画像や画面レイアウトの装飾を作成、編集するソフトが必要になります。

ホームページ構築、公開ツール

有名なホームページ構築ツールには

  • ・ホームページビルダー
  • ・ Dreamweaver
  • ・WordPress

などがあります。

ホームページビルダーは歴史が古く、WEBの知識の無い人でもサイトを作り公開できるソフトです。
今ではWordPressとの連携もでき、CMS機能の付いたサイトを作ることもできます。
私もWEB制作を本格的に勉強する以前に、個人でサイトを作るときなど利用していました。

Dreamweaverは本格的にWEBサイトを構築する方向けのソフトです。価格も高いので、基本的にはプロのWEB制作者が使うことが多いです。HTMLやCSSなどのWEBサイトを構築するコードの知識などがあることが前提です。

WordPressは無料で使え、また様々なテンプレートが配布されていたり、機能を追加することができるので、初期費用をかけずにホームページを構築できます。ベースがブログ機能なので、無料ブログサイトをやめて独自ドメインでホームページを公開したいという方にも人気のあるツールです。

文字ベース、または配布されているテンプレートをそのまま使用する場合は、ホームページビルダーやWordPressでサイトを作ることができます。

画像加工・編集、画面作成ツール

ブログではないレイアウトのコーポレートサイトや、デザイン性の高いサイトを作ろうとした場合は、画面作成、画像編集のソフトも必要になります。

代表的なものに、

  • ・Adobe Illustrator
  • ・Adobe Photoshop
  • ・Adobe Fireworks

ホームページのデザイン参考サイトのご紹介

でご紹介しているような、ビジュアルもレイアウトも美しいWEBデザインは、IllustratorやPhotoshopなどのソフトでベースが作られることで、実現できるようになります。
美しいバナーはIllustratorで、美しい写真の加工はPhotoshopで、きれいなレイアウトやデザインはFireworksなどを用いて制作していきます。

プロのWEB制作の現場ではどちらかというと、構築ソフトのDreamweaverはなくても、IllustratorやPhotoshop、Fireworksがないと、制作ができないといっても過言ではありません。

誰でも簡単にホームページが作れるというキャッチで、様々なソフトやツールが紹介されていますが、個人で作った場合どうもプロがつくるようなサイトに仕上がらないのには、細かいレイアウトの調整やパーツデザインの有り・無しが関わっています。

ビジネスサイトを作る場合はぜひホームページ制作会社にご依頼ください

ブログなどの文字ベースだけでなく、各種バナーなどの画像が必要な場合、情報によってレイアウトを変更したい、レイアウトを崩したくないという場合は、ドリームウィーバーなどのホームページ構築ソフトだけでは実現するのは難しいので、制作会社に依頼していただいた方が理想のページに仕上げることができます。

きれいなバナーを掲載したり、きれいなレイアウトを実現できると、テキストも読みやすくなり情報伝達度が上がります。また信頼感もアップしますので、ブログではないビジネスサイトの制作をお考えの方は、ぜひホームページ制作会社にご相談ください。


価格に自信があります。初期費用0円、月額5,900円の格安ホームページ制作・運営サポートのお申し込みはこちら。お見積りについてなど、お気軽にご相談ください。 tel:044-986-0369 受付時間:平日10:00~19:00