WordPressのユーザー権限を細かく設定できるプラグイン「Adminimize」

WordPressの基本設定で、ユーザーの権限を分けることができますが、細かく設定をカスタマイズしたい場合がでてきます。

サイトの管理を請け負っている制作会社は、ブログ投稿が主なお客様には、編集者権限でユーザーを発行すると思いますが、その中でも不必要な情報やメニューがあった場合、表示させないようにすることができます。

プラグイン「Adminimize」をインストールします。

メニューの[設定]から[Adminimize]を開くと、設定できるメニューが表示されます。

Adminimiz01

一番カスタマイズする必要がでてくるサイドメニューの項目の設定は、[Menu Option]を開きます。

Adminimize04

各メニューの大項目と小項目の非表示設定ができます。
ピンクの帯の四角にチェックを入れると、大項目が非表示になります。
白い帯の四角にチェックを入れると、大項目は残り、チェックした小項目のみを非表示にすることができます。

Adminimize06

大項目の[投稿]を非表示にした場合、

Adminimize16

[投稿]の小項目の[タグ]のみを非表示にした場合

Adminimize15

カスタム投稿タイプを追加した場合などにも、権限の設定を細かく組みあわせて、安全で使いやすい管理画面にすることができるので、便利なプラグインです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">